東西線 浦安駅から新宿線 一之江駅へ、県都境の船と今井児童交通公園_無軌条電車の面影さがしに

© 株式会社エキスプレス

東京メトロ東西線 浦安駅から、東京23区内唯一の自然といわれる妙見島をみて、さらに旧江戸川沿いを北上してみる。

東京都と千葉県の県境を流れる一級河川、旧江戸川。右岸(西側)は東京都江戸川区、左岸(東側)は千葉県市川市や浦安市。

江戸川の右岸(西側)に沿って行く道が、新荒川葛西堤防線。この道からは、東京側の岸に屋形船などが、千葉側の岸にはタンカーなどがとまっているのがみえる。

旧江戸川と新中川の合流地点まで歩いてくると、旧江戸川に架かる今井橋(新大橋通り)がみえてくる。

新中川にめをむけると、今井水門の姿。昭和37年に竣工した今井水門は、7つの鋼製単葉ローラーゲートを持つ東京都の河川管理施設。

画像↓↓↓の船首のような土地が、旧江戸川と新中川の合流地点。江戸川区江戸川4丁目。右手の流れが新中川、左手が旧江戸川。川のむこう岸は千葉県市川市。

今井児童交通公園から無軌条電車の終着駅へ

この新中川・旧江戸川 合流地点に、小さなレール軌道と、子どもたちのはしゃぎ声。ここは今井児童交通公園。

地元の子どもたちは、この公園で、信号機、左側通行、踏切、列車のりばといった基礎を、ゴーカートやペダル式のりものに乗りながら学んでる。

ここまで、東京メトロ浦安駅から歩いて40分。妙見島をみながら3.5kmほど。この今井児童交通公園から都営新宿線 一之江駅までは、歩いて10分。1kmほど。

この今井児童交通公園のすぐちかくに、都営西瑞江四丁目第2アパートがある。このアパートが、かつての東京都トロリーバス(無軌条電車)終点の地。

トロリーバスの面影を探しに、この先、もう少し歩いてみる。

◆東京メトロ東西線 浦安駅から島さんぽ、川の流れで地面が動いた島のいま
https://tetsudo-ch.com/11405817.html