北海道はカラッと五月晴れ 道北では夏日の所も

©HTB北海道テレビ放送株式会社

北海道は17日はグレーだった空が、18日は高気圧に覆われて澄んだ青空に変わりました。

◆高気圧といっても、出身地によって性質が違います。冬はシベリア育ちの冷たく乾いた高気圧が強かったですが、これからの時期は、本州の梅雨前線の南では暖かい太平洋の海で育った湿った高気圧が強まってきます。

◆18日の道内は、道東は冷たいオホーツク海上で育った高気圧に覆われてヒンヤリするでしょう。湿った空気が入り、霧が発生して見通しが悪くなる所もありそうです。日本海側は中国大陸出身の暖かく乾いた高気圧に覆われて、カラッとした五月晴れです。道北は25℃以上の夏日になる所もありそうです。

◆日差しの強さは夏と同じぐらいになっています。 太陽から直接届く紫外線だけでなく、空気中の分子により散乱して、木陰にいても日なたの50パーセントの紫外線を浴びています。ビルの壁などに反射した紫外線は目にもダメージを与えます。四方八方からの紫外線をガードするには、帽子だけでなく、日焼け止めクリームやサングラスが有効です。

(c)HTB