梅雨前線北上で再び大雨 梅雨入りの気配

週間天気予報

©株式会社サニースポット

きょう18日(火)~あす19日(水)は、梅雨前線が日本の南に停滞しますが、あさって20日(木)~21日(金)は、西から前線が北上し、前線上には低気圧が発生する見込みです。再び前線の活動が活発化し、大雨となる恐れがあります。

きょう18日(火)、千島の東の低気圧が東進し、低気圧から延びる前線が関東を通って東シナ海に停滞しています。奄美~東北南部は雲が多く、奄美~四国の所々で雨が降っています。午後、沖縄は晴れても、にわか雨があり、奄美や九州南部は雨で、局地的に雷を伴い激しく降る恐れがあります。九州北部の雨は次第にやむ見込みです。四国~近畿は一時雨が降り、東日本は次第に雨が降り出すでしょう。関東甲信や伊豆諸島は急な雷雨に注意してください。東北は晴れている所も次第に雲が増え、雨の降り出す所が多くなるでしょう。北海道は高気圧に覆われ晴れて、季節外れの暑さとなる所がある見込みです。

あす19日(水)、奄美は引き続き、激しい雷雨に注意してください。九州南部は非常に激しい雨の降る恐れがあります。九州北部や中国は、日中は梅雨の晴れ間となる所があり、日差しを有効活用してください。他は雲が多く、四国や近畿は午前中心に雨が降りやすいでしょう。東日本は太平洋側中心に次第に雨が降り出し、東北はにわか雨がある見込みです。

あさって20日(木)は、前線や低気圧に向かい、梅雨末期のような高温多湿の空気が流れ込むでしょう。九州は朝から雨で再び大雨となる恐れがあります。雨の範囲は次第に東に広がり、午後は東日本でも雨が降り、梅雨入りの気配を感じられるでしょう。北日本は晴れますが、東北は次第に雲が広がる見込みです。

21日(金)は、全国的に広く雨で、雨雲が次第に北に移るでしょう。九州は既に5月の一か月分の雨が降っている所もあり、土砂災害に警戒が必要です。