香港のギャラクシー社、応募断念

横浜のカジノ誘致

© 一般社団法人共同通信社

 香港のカジノ大手ギャラクシー・エンターテインメントは18日までに、横浜市が誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)への応募を見送ると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の経営への影響が理由。日本でのIR事業参入への取り組みは続けるという。

 横浜市のIR誘致を巡っては、米ラスベガス・サンズが昨年撤退を表明。ウィン・リゾーツも横浜の事務所を閉鎖した。

 市は17日、事業者からの資格審査書類の受け付けを終了。夏ごろに事業者を選定するとしている。