自宅で「ビールサーバー」酒屋さんの“無料”貸し出し…居酒屋気分でうまいビール

© 北海道文化放送株式会社

桜前線も無事に通り過ぎて行った5月後半の札幌。日中の気温も少しずつ上がり、20度を超える日が増えてきましたね。そうなると恋しくなるのは…ギンギンに冷えた生ビール!
「そうはいっても…今はちょっと」というご時世ですが、おうちで居酒屋気分が楽しめる、ビールサーバーの無料貸し出しをしている酒屋さんをみつけました!

「注ぎたての生ビール」をおうちで楽しもう!

生ビール(写真は10リットル樽)購入でサーバーとガスのセットが無料です

2018年に新しく生まれ変わったJR苗穂駅の南口側にある「カネキ 小飼商店」は、創業なんと100年以上という老舗の酒屋さん。開業当初はお米屋さんだったそうですが、現在は全国の蔵元から直送した日本酒を中心に、ワインやビールなど幅広く取り揃えています。

「ここ最近は、自宅で生ビールを飲む方が増えていて、サーバーの貸し出しも人気がありますよ」と、社長の小飼英祐さん。

"宅飲み"が主流化した今、お店のような「注ぎたて」の生ビールが味わえるなんて最高ですよね。
ビヤ樽につないで使うサーバーとガスは無料で貸し出し(基本的に1泊2日)してくれるので、実質、ビール代のみなんてお得です!

人気のサッポロクラシックは10リットル樽で税込6,820円!

提供写真:小飼商店

小飼商店では、サッポロクラシック、アサヒスーパードライ、キリン一番搾り、といった人気の銘柄のほか、プレミアムビールや、クラフトビール、ブラックニッカハイボールなども取り扱っていて、どれにしようか迷っちゃうほど!

「家族4人で10リットル樽…そんなに飲むかしら?」と思うかもしれませんが、小飼さん曰く「生ビールはおいしいので、ちょっと多いかなと思ってもペロっと飲めちゃいますからね」
そんな小飼さんのお話に、ビールが大好きな私も「うんうん…間違いなく飲めます」と自信を持って頷いてしましました。

「あらら~泡ばっかりになっちゃった!」家族で盛り上がるビールサーバーの魅力

ビール好きさんにはたまらない「ご自宅サーバー」ですが、初めはうまく注げなくても、だんだんプロ級になって盛り上がれる魅力も!自分にちょうどいい量を調整して、いつでも冷たいビールを飲めるのもいいですよね。

おうちで居酒屋、ビヤガーデン~。家族で楽しむ"宅飲み"を少しでも楽しく!
これからの季節、ますます人気が高まりそうです。

カネキ 小飼商店

住所:札幌市中央区北2条東11丁目(JR苗穂駅向かい)
営業時間:午前10時~午後9時
定休日:日曜
電話:011-241-6045
Webサイト:https://blog.kogaisake.com
Facebook:https://www.facebook.com/kogaisake/

Webサイトの『ビールサーバー貸し出し問い合わせフォーム』から予約(3日前)を入れた後、電話で詳細を確認してください。