生活・結婚式・キャリア・お金・感覚…結婚前に最もすり合わせておきたいことは?

© 株式会社マイナビ

エン婚活エージェントは5月17日、「結婚前に話し合うべきこと」に関する調査結果を発表した。調査は4月23日~26日、20代~40代の男女1,027名(未婚者510名、既婚者517名)を対象にインターネットで行われた。

『すり合わせておきたい考え方』結婚式・生活・住まいについて

まずは、「結婚式・入籍」に関して、結婚前にすり合わせておきたい考え方を未婚者に聞いたところ、「両親への挨拶について」(35.3%)、「入籍までの期間について」(22.9%)、「結婚式の有無について」(22.6%)が上位に。一方、既婚者に「すり合わせておけば良かったこと」を教えてもらったところ、「入籍までの期間について」(25.9%)が最も多く、次いで「結婚式の予算について」(19.3%)、「両親への挨拶について」(18.2%)と続いた。

「生活(家事・育児)」に関してすり合わせておきたいことは、未婚者は「家事について」(39.6%)や「子ども・育児について」(31.2%)が、既婚者も「子ども・育児について」(34.0%)や「家事について」(30.6%)が多く、未婚・既婚者ともに、家事と子育てに関する考え方を共有したいと感じていることが明らかに。

同様に、「住まい」に関しても質問したところ、未婚・既婚者ともに、1位「今後の居住地について」(未婚者61.0%、既婚者50.5%)、2位「親との同居について」(同28.8%、21.9%)、3位「住宅ローンについて」(同8.0%、19.3%)となった。

『すり合わせておきたい考え方』仕事・キャリア・お金について

次に、「仕事・キャリア」関連ですり合わせておきたいことを尋ねたところ、未婚・既婚者ともに「結婚後の仕事について」(未婚者59.2%、既婚者36.4%)が最多に。しかしながら、次点は、未婚者は「今後のキャリアについて」(19.0%)、既婚者は「理想とする世帯年収について」(30.8%)と続き、既婚者の方が理想の世帯年収について重視していることがわかった。

同様に、「お金」に関しても聞くと、未婚・既婚者ともに「家計の管理方法について」(未婚者57.1%、既婚者42.4%)が断トツのトップとなった。

結婚前にすり合わせておきたい3つの「感覚」について

次に、夫婦間ですり合わせておきたい”3つの感覚”について同様の質問を行った。まず、「金銭感覚」について確認しておきたい・確認しておけば良かったことを教えてもらったところ、未婚・既婚者ともに「使う・使わないの基準」(未婚者52.0%、既婚者60.5%)がトップに。

「味覚」に関しては、未婚・既婚者ともに、1位「好きな食べ物・嫌いな食べ物」(同46.5%、28.1%)、2位「毎日食べるものについて」(同24.9%、26.3%)、3位「薄味・濃い味の基準」(同16.9%、21.1%)という結果に。

また、「喜怒哀楽」の感覚についても、未婚・既婚者の順位が一致。1位「怒りを感じる基準」(同46.3%、53.0%)、2位「喜びを感じる基準」(同25.3%、20.7%)、3位「楽しさを感じる基準」(同19.0%、17.0%)、4位「哀しみを感じる基準」(同9.4%、9.3%)となった。

結婚前にすり合わせておきたい最も大切なこと

最後に、生活・結婚式・仕事・キャリア・住まい・お金・感覚の中で、事前にすり合わせておきたい最も大切なことを教えてもらったところ、未婚・既婚者ともに「お金(管理方法など)」(未婚者32.9%、既婚者27.3%)がトップに。そのほか、「生活(家事や育児)」(同11.4%、25.9%)や「感覚(金銭や喜怒哀楽、味覚など)」(同11.8%、12.4%)と答えた人も多かった。