1日3分で上向きの“美尻”に!効率良すぎなヒップトレーニング3選

©INCLUSIVE株式会社

キュッと引き締まった上向きのお尻は、ビーチやパーティなどのおしゃれを楽しむシーンでは憧れの的。女性トレーニーの間でも、“美尻”作りの話題は今なおホットな話題です。

そんな美しいヒップラインを手に入れたいなら、お尻の筋肉を刺激するトレーニングを継続的に行うことをおすすめします。筆者が日々行っている自重トレーニングの中から、3つのメニューをピックアップしたので、ぜひ挑戦してみてください!

しなやかなヒップラインを目指す「ヒップアブダクション」

画像:WEBGYM

横向きに寝た状態で、上側の脚を斜め後ろに引きながら上下に動かしましょう。ゆっくり、高くを意識して脚を持ち上げると、ヒップラインを美しく見せるために必要な筋肉が刺激されます。

画像:WEBGYM

腰が浮かないように、骨盤を固定するとより筋肉にアプローチできるでしょう。脚を上げきったら、1秒程静止するとさらにいいですね! お尻の横の筋肉を意識しながら、両方の脚で15回ずつ上げ下げしましょう。

お尻の大臀筋を鍛える「シングルレッグヒップリフト」

画像:WEBGYM

仰向けの状態で、両膝を曲げて立てます。手は楽な位置に置いてください。片脚を45度くらいの高さまで持ち上げたら、尻を床から離しましょう。つま先から肩までのラインが一直線になるまで、お尻を持ち上げられるといいですね。

画像:WEBGYM

ゆっくりとお尻を下ろして、床につかない位置でキープ。常にお尻に力を入れるようにしましょう。途中で脚を入れ替えて、上げ下げを20回繰り返してください。

「ワイドスクワット」でお尻と内ももに刺激を

画像:WEBGYM

お尻や内ももの筋肉をバランス良く鍛えられるトレーニングです。脚を肩幅よりも大きく開いて、45度くらいの角度でつま先を外側に向けて“ハの字”を作ります。目線は下げずに前を向くようにしましょう。この基本姿勢から、イスに座るようなイメージで膝を曲げて、ゆっくりと腰を落としていきます。

床と太ももが平行になるくらいの位置まで下げられると良いですね。つま先と膝が一直線になるように姿勢を保ちながら、10回トライしてみましょう。

ワイドスクワットは、筆者も頻繁に行っているお気に入りのトレーニングなのでおすすめです! 美しいヒップラインを手に入れることで、水着姿に自信が持てるようになれたらいいですね。

【画像・参考】
※ビーチに似合う本気のヒップアップ/WEBGYM
※Q-stock/Shutterstock

この記事はいかがでしたか?