ベスト4出そろう 春季高校野球県大会

©株式会社岩手日報社

宮古商工-花巻南 宮古商工打線を七回途中まで2失点に抑えた花巻南の主戦高橋=一関

 第68回春季東北地区高校野球県大会第4日は18日、一関市の一関運動公園球場などで準々決勝4試合が行われ、花巻南が10-2の七回コールドで、宮古商工との公立校対決を制し初めて準決勝に進出した。

 久慈は盛岡中央を7-0と七回コールドで下し、4年ぶりに4強入りした。花巻東は昨秋県大会準優勝の一関学院を9-3で下し、7大会連続のベスト4進出。盛岡大付は専大北上に8-0と七回コールドで勝ち、2大会連続で準決勝に駒を進めた。

 準決勝は22日に同球場で行われ、花巻東-久慈、花巻南-盛岡大付の対戦となる。

この記事はいかがでしたか?