箱根駅伝総合優勝の駒大ランナー逮捕 女子高生にみだらな行為 神奈川県警

© 株式会社神奈川新聞社

大和警察署

 17歳の女子高生にみだらな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課と大和署は19日、県青少年保護育成条例違反などの疑いで、駒澤大4年で陸上部に在籍する男(21)=東京都世田谷区=を逮捕した。

 男は今年の箱根駅伝に最終10区のランナーとして出場。区間賞を獲得する快走で先頭チームを逆転し、同大の総合優勝の立役者になった。

 県警によると、男は「18歳だと思っていた」などと供述している。

 逮捕容疑は、昨年12月20日と今年1月17日、川崎市多摩区と東京都世田谷区のホテルで、18歳未満であることを知りながら、相模原市に住む高校2年の女子生徒にみだらな行為をした、としている。

 県警によると、2人は携帯電話のマッチングアプリを介して知り合った。連絡を取り合っていた会員制交流サイト(SNS)の履歴から、県警は男が昨秋以降、複数回にわたって女子生徒に同様の行為をしていたとみて調べる。

 別の事件の捜査で2人の関係が浮上。女子生徒は当初、男が駅伝選手であることを知らなかったが、箱根駅伝のテレビ中継を見て気付いたという。