余剰ワクチン医学部生に、愛知県

大規模接種のキャンセル対策

©一般社団法人共同通信社

 愛知県の大村秀章知事は19日の記者会見で、県が開設する新型コロナワクチンの大規模接種会場で、当日のキャンセルでワクチンが余った場合、医学部生や看護学生らに接種する方向で調整していると明らかにした。病院などで研修を受ける可能性があるため。

 県は24日から県営名古屋空港(豊山町)と藤田医大(豊明市)で1日最大計3千人規模の接種を計画している。余ったワクチンは、まず会場運営に携わる医療従事者と自治体職員に接種。さらに医学部生や看護学生らにも拡大する。

 大村氏は「規模が大きいため、キャンセルも相当数に上ると見込まれる。ワクチンを無駄にしないため」などと説明した。

この記事はいかがでしたか?