中国探査機、火星の表面撮影

散らばる岩石、地形情報も

©一般社団法人共同通信社

探査車「祝融」が撮影した火星の着陸地周辺の画像(中国中央テレビ電子版から、共同)

 【北京共同】中国国営の中央テレビによると、中国の宇宙当局は19日、火星に15日に着陸した無人探査機「天問1号」が着陸地周辺の画像撮影と地球への送信に成功したと発表した。探査車の走行開始に向けた準備が順調に進んでいると強調し、宇宙技術の向上をアピールした。

 天問1号の着陸機に搭載されている探査車「祝融」が周囲の画像を撮影し、地球へ送信した。祝融は22日ごろにも着陸機から離脱し、火星表面を走行しながらの探査を開始する。

 画像には岩石が散らばる火星表面の様子が写っている。中央テレビは「火星の表面の模様がはっきりと見え、地形の情報も豊富だ」と報じた。