米、大幅な緊張緩和を要求

イスラエルは強硬姿勢維持

© 一般社団法人共同通信社

19日、米東部コネティカット州で演説するバイデン大統領(AP=共同)

 【ワシントン、エルサレム共同】バイデン米大統領は19日、イスラエル軍とパレスチナ自治区ガザのイスラム組織ハマスとの戦闘を巡り、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談し「停戦への道筋として今日、大幅な緊張緩和を期待している」と伝えた。ホワイトハウスが発表した。ネタニヤフ氏は会談後に声明で、戦闘継続の決意を表明し、強硬姿勢を維持した。

 イスラエルに強い配慮を見せて明確に停戦を求めないバイデン氏に対しては、米国内で批判が強まっている。関係国による調停外交が本格化する中、バイデン氏が言及した19日中に具体的な緊張緩和の動きが出るかどうかが焦点となる。