4月の輸出、38%増

自動車、半導体装置伸び

© 一般社団法人共同通信社

東京港に並ぶ多くのコンテナ

 財務省が20日発表した貿易統計(速報、通関ベース)によると、4月の輸出は前年同月比38.0%増の7兆1811億円だった。輸出額は4月単月として過去最高で、伸び率はリーマン・ショック後の2010年4月の40.4%以来、11年ぶりの水準となった。新型コロナウイルス感染拡大で前年同月に大幅に落ち込んだ反動があったほか、米国や中国向けの自動車、半導体製造装置が大きく伸びた。

 米国向けの輸出は45.1%増の1兆2761億円。自動車が約2.2倍に伸びた。新型コロナの落ち込みからいち早く回復した中国向けは33.9%増の1兆5834億円で、10カ月連続の増加となった。