2社のワクチン、新たに承認へ

モデルナとアストラゼネカ製

© 一般社団法人共同通信社

米モデルナの新型コロナウイルスワクチン(AP=共同)

 厚生労働省の専門部会は20日午後、米モデルナ製と英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの承認可否を審議する。関係者によると、いずれも了承される可能性が高い。了承されれば21日に正式承認され、使用法を検討する分科会も開かれる見通し。国内で使えるワクチンが既に実用化された米ファイザー製を含めて計3製品となる。

 二つのワクチンは、海外ではいずれも18歳以上が対象で、一定の期間を空けて2回接種する必要がある。モデルナ製は、東京と大阪の大規模接種センターや、都道府県の大規模接種会場で使われる予定。アストラゼネカ製の使い方などは明らかになっていない。

英アストラゼネカなどが開発した新型コロナウイルスワクチン(同社提供)