総務省幹部接待で調査に漏れ

複数回、東北新社が公表へ

©一般社団法人共同通信社

 総務省幹部接待問題で、放送事業会社「東北新社」が設けた特別調査委員会が、同省調査でこれまで公表していない複数回の会食などの接待を確認したことが20日、分かった。東北新社は近く公表する。総務省は東北新社側から報告を受けているもようで、調査を続けている。

 総務省は今年2月、東北新社の接待を利害関係者からの違法接待と認め、事務次官級の総務審議官=当時=ら計11人の処分を発表した。

 特別調査委のその後の調べで、既に処分を受けた総務省幹部らが、同社から複数回の接待を受けていた。接待を受けたとされる総務省幹部は20日、共同通信の取材に対し「お答えしない」と述べた。