バレー女子、佐藤美弥が引退

代表セッターで活躍

©一般社団法人共同通信社

佐藤美弥

 バレーボールVリーグ女子1部の日立は20日、2019年ワールドカップ(W杯)で日本代表の正セッターを務めた佐藤美弥(31)の引退を発表した。「最後、夢には届きませんでしたが後悔はありません。たくさんの舞台を踏み、大きな夢をみて、たくさんの方に応援していただき、本当に幸せなバレー人生でした」とコメントした。

 佐藤は東京五輪を目指す今季の代表にも登録されていた。ミドルブロッカーの芳賀舞波(28)ら3人も現役を退く。