ANA、スマホで仮想旅行

22年開始、買い物も可能

©一般社団法人共同通信社

ANAホールディングスの京都を舞台にした仮想旅行サービスのイメージ(同社提供)

 ANAホールディングスは20日、スマートフォンを使い仮想空間で旅行気分を味わえるサービス「SKY WHALE(スカイ ホエール)」を2022年に始めると発表した。京都など実在する国内外の町並みや名所を巡ることができ、旅先で地域産品の買い物もできる。新型コロナウイルス流行で海外客を中心に激減した旅行需要の喚起を目指し、地方の産品の販売拡大にもつなげる。

 人気ゲーム「ファイナルファンタジー15」に携わった元開発者と制作。利用者は「アバター」と呼ばれる分身を操り、普段は入れない観光名所の内部などにゲーム感覚で潜入できるという。京都以外の旅先は今後詰める。