【新型コロナ】三浦市の余剰ワクチン 小中教員、保育士、保健師、運転手らへ

© 株式会社神奈川新聞社

三浦市役所

 新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、神奈川県三浦市は20日、高齢者対象に23日から実施する集団接種で予約した人のキャンセルなどで余ったワクチンを特定業種の希望者の接種に回すと発表した。

 対象は、未接種の医療従事者や介護従事者、市立小・中学校の教員、保育士、保健師、電車・バス・タクシーの運転手ら。公共性を考慮して選んだという。該当する各事業所へメールで知らせて募集する。

 連絡を受けて30分以内に接種会場に来て、3週間後に2回目の接種を受けられることが条件となる。