セルフレジの特許有効

ファーストリテイリング敗訴

©一般社団法人共同通信社

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」や「ジーユー(GU)」が導入するセルフレジを巡り、IT会社「アスタリスク」(大阪市)が開発した特許の有効性が争われた訴訟の判決で、知財高裁は20日、特許の有効性を認め、衣料品店を展開するファーストリテイリングの請求を棄却した。

 森義之裁判長は「既存の技術によって容易に発明できたものとは言えない」と述べ、技術の進歩性を認めた。

 問題となったのは、セルフレジにかごを置くと、電子タグを読み取り、かごの商品を認識する装置。アスタリスクは2019年に特許を取得した。

 ファーストリテイリングは「主張が認められず大変残念」とコメントした。