BMW、SBK仕様のM1000RRを公開。2021年は4台体制で連携をとり参戦

©株式会社サンズ

 BMWは5月18日、2021年のスーパーバイク世界選手権(SBK)で走らせる最新マシンのBMW M1000RRを公開した。

 BMWは2018年11月にミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)で体制発表を行い、フルモデルチェンジしたS1000RR発表。同時にBMWモトラッドモータースポーツとショーン・ミュア・レーシングの合同チームとしてワークス体制を復活させて2019年シーズンからSBKに参戦している。

 BMWモトラッド・ワールドSBKチームとして初年度はトム・サイクスとマーカス・ライターベルガーのコンビで参戦。2020年はサイクスとユージン・ラバティを擁して戦ってきた。

2021年SBKに4台のM1000RRで参戦するBMW

 そんなBMWは、2021年に参戦体制を強化し、ワークスチームの2台とサテライトチームを2チーム2台加えて新型のM1000RRを4台走らせることとなった。

2021SBK:トム・サイクス、マイケル・ファン・デル・マーク(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)

 ライダーはワークスチームのBMWモトラッド・ワールドSBKチームからはサイクスとマイケル・ファン・デル・マークの布陣。サテライトチームはイタリアのRC Squadra Corseからラバティ、ドイツのBonovo MGM Racingはジョナス・フォルガーを擁し戦う。

2021SBK:ユージン・ラバティ(RC Squadra Corse)

 参戦マシンはS1000RRをさらにレース仕様にアップデートしたM1000RRで、エンジンはレースを戦えるように特別に開発された。また、カーボンパーツやウイングレットなどが備えられており、空力も改善されている。

2021SBK:ジョナス・フォルガー(Bonovo MGM Racing)

 BMWはこの4台体制で連携をとり、レースで得たデータをフィードバックすることでより強力なチーム体制を作り上げていくという。

 2021年のSBK開幕戦は5月21~23日にスペインのモーターランド・アラゴンで第1戦アラゴンが開催される。

2021SBK:トム・サイクス、マイケル・ファン・デル・マーク(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)
2021SBK:ユージン・ラバティ(RC Squadra Corse)、ジョナス・フォルガー(Bonovo MGM Racing)
2021SBK:トム・サイクス、マイケル・ファン・デル・マーク(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)
2021SBK:トム・サイクス(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)
2021SBK:マイケル・ファン・デル・マーク(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)
2021SBK:ユージン・ラバティ(RC Squadra Corse)
2021SBK:ジョナス・フォルガー(Bonovo MGM Racing)
2021SBKを走るBMWモトラッド・ワールドSBKチームのM1000RR
2021SBKを走るBMWモトラッド・ワールドSBKチームのM1000RR