新型コロナ 62人感染 茨城県内、変異株最多40人確認

© 株式会社茨城新聞社

茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は20日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計62人確認されたと発表した。県内の累計感染者は9246人。また、同日までに確認された陽性者のうち新たに40人が変異株と判明。1日当たりでは最多で、県内の変異株確認は累計542人となった。

県によると、龍ケ崎市内の高齢者福祉施設では新たに利用者と職員計9人の感染が判明。施設内の感染者は計15人に拡大し、県はクラスター(感染者集団)発生との認識を示した。

クラスター発生の可能性がある、ひたちなか市内の事業所でも新たに従業員1人が感染判明。事業所内の感染者は計8人に増えた。

つくば市内の高齢者福祉施設では、これまでに感染が判明した5人のうち、利用者と職員各1人の変異株感染が確認された。

新型コロナ感染者のうち新たに49人が回復。県内の退院・退所などは計8376人となった。

■県内の感染状況
新規 62人
累計 9246人
うち死者 139人
退院・退所等 8376人
(県発表、20日午後10時現在)