イスラエルとハマスが停戦

11日間の戦闘、終結

© 一般社団法人共同通信社

20日、パレスチナ自治区ガザで、イスラエルの攻撃により被害を受けた建物を調べるパレスチナ人ら(ゲッティ=共同)

 【エルサレム共同】イスラエル政府とパレスチナのイスラム組織ハマスが停戦に合意し、21日午前2時(日本時間同8時)に発効した。エジプトや米国などの調停外交がようやく機能した。聖地エルサレムでの衝突を発端として10日に始まり、パレスチナ自治区ガザの空爆を中心に実質11日間続いた戦闘は、一応の終結に至った。今後は停戦の維持と、ガザの人道危機からの回復が焦点となる。

 ガザ保健当局によると、ガザ側では子ども65人を含む232人が犠牲となった。イスラエル側では12人が死亡した。

 イスラエルとハマスにパイプを持つエジプトが、停戦を主導した。

エジプト・カイロ、イスラエル・エルサレム、パレスチナ自治区、ガザ地区