神田山陽が北海道・恵山に登頂! 登山気分を「耳」で楽しむ

©株式会社東京ニュース通信社

登山好きの講談師・神田山陽が、自ら山に登り、山で見つけた自然や雄大な風景などを講談調の名調子で語る、NHKラジオ第1の「神田山陽のうんちく百迷山」(午後6:05、北海道ローカル)が5月23日に放送される(ネットラジオ「らじる☆らじる」でも視聴可)。同番組は、ステイホームしながら、ラジオの音で登山気分を味わえるラジオ特番。神田のほか、NHK札幌放送局の鈴木遥アナウンサー、佐藤千佳キャスターが出演する。

初夏、本格的な登山シーズンを迎えた北海道だが、新型コロナウイルスの感染拡大状況から外出しにくい状況が続く。 そこでNHK札幌放送局では、「北海道まるごとラジオ」(奇数週・木曜午後5:05)の中の「神田山陽のうんちく問答」のスピンオフで、北海道・大空出身の神田が北海道の雄大な山を登った体験を語る人気コーナー「北海道百迷~山」を復活。リスナーから投稿募集する登山エピソードも交えながら、トークを繰り広げる。

今回、神田が登るのは、北海道の南にある活火山・恵山。ツツジをはじめ60種以上の高山植物が群生し、恵山の展望台や散策路の高台などから空と海の美しいコントラストも堪能できる。神田持ち前の話芸で、恵山の魅力を堪能できる55分間となりそうだ。

なお、ネットラジオ「らじる☆らじる」からの視聴方法はスマートフォンアプリ、もしくはNHKの公式サイト(https://www.nhk.or.jp/radio/)から「らじる★らじる」 にアクセス。放送局選択を「札幌」に変える。