TAKUMIモーターオイル、スーパーGT参戦のAudi Team Hitotsuyamaにオイル供給を開始

©株式会社サンズ

 5月21日、埼玉県さいたま市のAKTジャパンは、スーパーGT GT300クラスに参戦するAudi Team Hitotsuyamaとタッグを組み、同社のブランドTAKUMIモーターオイルを全面供給すると発表した。

 TAKUMIモーターオイルは、新進気鋭の自動車用オイルブランド。そんなブランドが、スーパーGTに長年参戦する名門Audi Team Hitotsuyamaとタッグを組み、2021年シーズンからオイルを全面供給している。

 今季川端伸太朗と篠原拓朗のふたりがドライブするHitotsuyama Audi R8 LMSは、5,200ccの高回転型V10エンジンを積む。その心臓を守るためにTAKUMIモーターオイルが開発したレーシングスペックのオイルは、『X-TREMEシリーズ 5W-50』という形式のもの。約10リッターという大容量が必要となるという。

 第2戦富士では、Hitotsuyama Audi R8 LMSは無事完走を果たした。「500Kmという長丁場のレースにおいて、オイルが本来の機能を果たすことができて安堵しています」とTAKUMIモーターオイルの開発者はコメントした。

「コンマ1秒を争うスーパーGTでは、耐久性と信頼性、そして速さを求められています。チームに貢献できるよう今後も積極的な開発による性能向上を求めていきたいと思います」

川端伸太朗(右)と篠原拓朗(左)