SBI子会社に停止命令へ

金融庁、違法勧誘で

© 一般社団法人共同通信社

金融庁(中央合同庁舎7号館西館)=東京都千代田区

 金融庁が融資仲介事業を手掛けるSBIホールディングス(HD)子会社に対し、業務停止命令を出す方向で最終調整していることが21日、分かった。不正確な情報で投資を募るなど、金融商品取引法違反が疑われる勧誘行為が発覚したことを重く捉えた。

 子会社は「SBIソーシャルレンディング」(東京)で、ネットを通じて投資家から集めた資金を企業などに融資し、投資家に元本や利息を分配するビジネスを手掛ける。

 SBIHDの第三者委員会は先月下旬、特定の融資先による複数の案件で、虚偽や誤解を生じさせる情報を基に投資家から資金を集めていたと認定した。