アップルCEO、裁判で反論

アプリ市場の課金方法巡り

© 一般社団法人共同通信社

裁判で証言した後、建物を出るアップルのクック最高経営責任者(CEO)=21日、米カリフォルニア州オークランド(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】人気ゲーム「フォートナイト」を運営する米エピック・ゲームズが、アプリ市場の課金方法を巡る争いで米アップルを独占禁止法(反トラスト法)違反と訴えた裁判で、アップルのクック最高経営責任者(CEO)が21日、カリフォルニア州の連邦地裁に出廷した。クック氏はアプリ市場の管理のために必要な措置を取っていると反論した。

 エピックはアプリ市場「アップストア」からゲームアプリを削除されたことに、アップルが優越的な立場を使い開発者と消費者を囲い込んでいると反発。クック氏は「アプリの審査がなければ混乱し、利用者にも開発業者にも大変なことになる」と語った。

この記事はいかがでしたか?