五輪「無観客回避」強まる

一定数容認も、6月判断

© 一般社団法人共同通信社

東京・お台場の水上に浮かぶ五輪マークのモニュメント=22日午後

 東京五輪で焦点となっている観客数の上限に関し、無観客を回避し、一定の観客を入れて開催するべきだとの意見が、政府や大会組織委員会で強まっていることが22日、分かった。新型コロナウイルスの感染状況悪化で、関係者間で「無観客もやむを得ない」との認識が広がりつつあったが、会場での感染対策は可能だとして「観客あり」に傾いている。複数の大会関係者が明らかにした。開催自体への批判的な声もある中、五輪は23日で開幕まで2カ月となった。

 観客の規模は、感染状況やイベント上限規制の動向を踏まえ、6月に慎重に判断する。