バレエの松山樹子さんが死去

日本の草分け、98歳

© 一般社団法人共同通信社

死去した松山樹子さん

 世界的なバレエダンサーの森下洋子さんらを育て、日本バレエ界の草分けとして活躍した松山バレエ団名誉芸術監督の松山樹子(まつやま・みきこ、本名清水樹子=しみず・みきこ)さんが22日午前3時40分、急性心不全のため東京都内の自宅で死去した。98歳。鹿児島県出身。葬儀式は6月30日、東京都港区南青山2の26の38、梅窓院で。喪主は長男哲太郎(てつたろう)氏。

 1936年、日劇のクラシックバレエ科1期生に選ばれた。43年東洋音楽学校(現東京音大)を卒業。48年、夫の故清水正夫氏と松山バレエ学校、松山バレエ団を創立、振付師、芸術監督を務めた。