阪神、ソフトB首位で交流戦へ

2年ぶり開催、25日から

© 一般社団法人共同通信社

 プロ野球は23日、各地でセ、パ両リーグの5試合が行われ、セは16年ぶりのリーグ優勝を目指す阪神が首位、パはリーグ2連覇を狙うソフトバンクが1位で交流戦前最後の試合を終えた。

 交流戦は新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨季は史上初めて中止となったため2年ぶりの開催。25日に巨人―楽天(東京ドーム)、中日―ソフトバンク(バンテリンドームナゴヤ)、阪神―ロッテ(甲子園)などナイター6試合で開幕する。各チームが18試合を戦い、優勝を争う。