F1ホンダ、29年ぶりモナコV

製造者部門でもトップに

©一般社団法人共同通信社

自動車F1モナコGPで走行するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン=モンテカルロ(AP=共同)

 自動車のF1シリーズ第5戦モナコ・グランプリ(GP)は23日、モンテカルロで決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が今季2勝目、通算12勝目を挙げた。ホンダエンジンのモナコGP優勝はマクラーレンのアイルトン・セナ(ブラジル)が制した1992年以来、29年ぶり。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は16位。

 フェルスタッペンはドライバー部門で、レッドブル・ホンダは製造者部門でトップに立った。

 他のホンダ勢はレッドブルのセルヒオ・ペレス(メキシコ)が4位、アルファタウリのピエール・ガスリー(フランス)が6位だった。(共同)

テニスのセリーナ・ウィリアムズ(右上)がチェッカーフラッグを振る中、フィニッシュラインを通過するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン=23日、モナコ(AP=共同)
自動車F1モナコGPで走行するアルファタウリ・ホンダの角田裕毅=モンテカルロ(ゲッティ=共同)