<スケッチみやぎ>残雪と青天と

© 株式会社河北新報社

残雪を踏みしめ栗駒山頂を目指す登山客=20日午前、栗原市栗駒

 宮城、岩手、秋田の3県にまたがる栗駒山(1626メートル)の残雪を楽しみに、登山客が訪れている。栗駒山は16日に夏山開きをしたばかり。宮城県栗原市によると、山頂付近の雪は例年よりも少なめで、長ければ今月末まで雪山登山を楽しめるという。
 栗原市栗駒のいわかがみ平には20日、正午までに20人以上の登山客が訪れた。中央コースは、登り口と山頂手前に残雪があった。
 仙台市青葉区の女性(64)は「昨年は6月に登ったので雪はなかった。残雪の栗駒も良い」と話し、山頂に向かった。
 山頂からは鳥海山、月山、早池峰山などが見えた。栗駒登山の常連という東松島市の佐藤優さん(70)は「天気が良いと岩手山が見える」と話した。

靴の滑り止めを装備して雪上を進む登山客
登山道でかれんな花を咲かせるショウジョウバカマ
栗駒山頂で雲間から顔を見せた鳥海山