湖南省発の中欧班列、累計運行本数が1200本を突破

©新華社

湖南省発の中欧班列、累計運行本数が1200本を突破

 22日、長沙北駅鉄道貨物ターミナルを出発する「中欧班列」X8426便。(長沙=新華社記者/陳思汗)

 【新華社長沙5月24日】中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のX8426便が22日、長沙北駅鉄道貨物ターミナルからベラルーシのミンスクに向け出発した。湖南省や周辺の省で製造された建設機械部品や繊維製品、電子製品など約千トンが積載されている。湖南省からは、独ハンブルクやハンガリー・ブダペスト、ミンスクなどを結ぶ10本余りの中欧班列の路線が開通し、30カ国をカバーした物流サービスを展開している。2014年10月以降、同省を出発した中欧班列の運行本数は累計1200本以上となっている。

湖南省発の中欧班列、累計運行本数が1200本を突破

 22日、長沙北駅鉄道貨物ターミナルで「中欧班列」X8426便への貨物の積み込み作業を指揮する責任者。(長沙=新華社記者/陳思汗)

湖南省発の中欧班列、累計運行本数が1200本を突破

 22日、「中欧班列」X8426便にクレーンで貨物を積み込む作業員。(小型無人機から、長沙=新華社記者/陳思汗)

湖南省発の中欧班列、累計運行本数が1200本を突破

 22日、長沙北駅鉄道貨物ターミナルに並ぶ輸出貨物コンテナ。(長沙=新華社記者/陳思汗)

湖南省発の中欧班列、累計運行本数が1200本を突破

 22日、長沙北駅鉄道貨物ターミナルに並ぶ輸出貨物コンテナ。(小型無人機から、長沙=新華社記者/陳思汗)

湖南省発の中欧班列、累計運行本数が1200本を突破

 22日、長沙北駅鉄道貨物ターミナルを出発する「中欧班列」X8426便。(長沙=新華社記者/陳思汗)

湖南省発の中欧班列、累計運行本数が1200本を突破

 22日、積み込み作業を行うクレーンの連動制御の品質を検査する作業員。(長沙=新華社記者/陳思汗)