A.B.C-Z・橋本良亮が「痴情の接吻」でドラマ単独初主演。刺激的なラブシーンに挑戦

©株式会社東京ニュース通信社

A.B.C-Zの橋本良亮が、ABCテレビ・テレビ朝日でスタートするドラマL「痴情の接吻」(ABCテレビ=7月4日スタート 日曜午後11:25、テレビ朝日=7月3日スタート 土曜深夜2:30)で初めてドラマ単独主演を果たし、刺激的なラブシーンに初挑戦する。

ドラマの原作は、累計140万部(電子書籍を含む)を突破し、女性を中心に圧倒的支持を集め続けている、如月ひいろ氏による大人気コミック。読書が生きがいの女と、彼女を偏愛し執着するハイスペック男の接吻(キス)から始まる同居ラブストーリーで、恋愛よりも本が大切な女と、全力で口説きにかかる片思いの男の、知的で、甘くて、ちょっとエッチな恋模様が展開する。

橋本が演じるのは、高校時代の同級生・柏木和華に異常なまでに執着し、いちずに“愛を餌付け”するミステリアスな主人公・上条忍。両親の転勤でドイツに引っ越してから10年ぶりに帰国した忍は、突然和華の前に現れ、同居を持ち掛ける。なぜ和華に執着するのか? 忍の目的は何なのか? 耽美な偏愛ラブの世界を再現する。今回公開された忍のビジュアルには、ヒロイン・和華の細腕が映り込んでいる。忍から猛烈にアプローチされることになる和華役を演じるのは誰なのかも、気になるところだ。

本作への出演が決まった際の心境について、橋本は「単独主演も、大人のラブストーリーも初めてなので、『遂にきた…』とプレッシャーを感じながらも、とにかくうれしい気持ちでいっぱいでした。原作を読んだ時、過激なシーンが多々あるので、ドラマではどのように表現していくべきだろうか考えました。上条はどんな思いで和華と接しているのかを、深く考えさせられる漫画で引き込まれる作品でした」と喜び、原作にも興味を抱いたと語る。

さらに、「上条は僕と全く正反対な性格なので、どう演じるか、すごく葛藤しています。上条ファンにも納得していただけるように攻めてみます」と意気込み、「初の主演ドラマであり、自身と全く違うキャラを演じるので、悪戦苦闘の日々が続いておりますが、この撮影チームでしか表現出来ない世界観をお届けしたいと思います。皆さんぜひ楽しみにしていてください」と視聴者へメッセージを送っている。