サンドウィッチマン、調理法がめんどうだけど死ぬほどうまい“めんどうまい料理”に絶叫

© 株式会社東京ニュース通信社

フジテレビの深夜枠「水曜NEXT!」では、5月26日(深夜0:35)と6月2日(深夜0:25、ともに関東ローカル)に「日本一めんどくせぇ料理店」を放送。2人の料理人が、“時短料理”や“ずぼら料理”とは真逆の、めんどうだけど死ぬほどうまい“めんどうまい料理”をプレゼンし、MCのサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)とゲストが、どちらを食べたいかをジャッジし、多数決で選ばれた料理を自身で調理し試食する。

サンドウィッチマンは「料理番組は初めて」と張り切って収録に臨むも、そのこだわりの料理法を聞くたびに「めんどくせぇー!」と絶叫。しかし、とんでもない工程を経て作られた味は、今まで経験したことのない衝撃の一品だ。5月26日は「ハンバーグ」。ゲストには、家族にもよくハンバーグを作るという藤本美貴を迎える。また、6月2日は「野菜炒め」。普段料理は全くしないという渋谷凪咲(NMB48)が登場する。

伊達は「放送が深夜なので、これを見ながらおなかを減らす方が多いのでは?と思いました。めんどうくさい、って言葉はあまりよくないですけど、手間ひまかけて作るとおいしいものを作れるんですね。料理人の先生たちが強火をあまり使わなかったのには、目から鱗」と大きな発見があった様子。一方の富澤は「料理番組って、実はやったことがなかったので新鮮でした。こんなにおいしいものが食べられるなんて。朝ご飯を食べてこなきゃよかったです」と喜ぶも、「ただレシピは本当にめんどうくさいので…自分ではちょっと(笑)」と若干尻込み。

そして、番組には手応えを感じたようで、伊達は「おうち時間が増えている方もいると思いますので、ぜひ時間をかけておいしいものを家族で作って食べてみてください!」、富澤も「番組を見ていたらおなかがすくと思いますよー。大変ですが、頑張って作ってみてください!」と呼び掛けている。サンドウィッチマンの珍しいエプロン姿にも注目だ。