関学大が13年秋以来の優勝

関西学生野球春季リーグ

© 一般社団法人共同通信社

関西学生野球春季リーグで優勝を決め、喜ぶ関学大の黒原(左)ら=わかさスタジアム京都

 関西学生野球春季リーグは25日、わかさスタジアム京都で2回戦3試合が行われ、関学大が京大を3―1で下して勝ち点を5とし、完全優勝で2013年秋以来15度目(旧リーグを含む)のリーグ制覇を果たした。関学大は6月の全日本大学選手権に出場する。

 関学大は山本晃が六回途中まで2安打無失点と好投してリーグ戦初勝利。九回2死からエースの黒原が登板して試合を締めくくった。

 同大は立命大と3―3で引き分けて1勝1分け、近大は関大と10―10で引き分けて1勝1分けとなった。