米首都当局、アマゾンを提訴

価格設定妨害、独禁法違反

© 一般社団法人共同通信社

米首都ワシントンの司法当局に提訴されたインターネット通販大手アマゾン・コムのロゴ=2018年、フランス北部(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米首都ワシントンのラシーン司法長官は25日、インターネット通販大手アマゾン・コムが独占的地位を使い出品者の自由な価格設定を妨害したとして、反トラスト法(独占禁止法)違反でワシントンの裁判所に提訴した。

 アマゾンはサイト上で自らが商品を販売する以外に、他の事業者が販売する「マーケットプレイス」も設けている。司法長官は、アマゾンが出品者と結ぶ規約で、他の通販サイトでアマゾンより安く商品を販売することを妨げていると主張。結果として消費者に不利益が生じていると強調した。