立民、先行接種「理解得られず」

自民に否定的見解を伝達

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の安住淳国対委員長は26日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、国会議員に対する新型コロナウイルスワクチンの先行接種について否定的な見解を伝達した。会談後、安住氏は「国会議員が優先的に接種したら、国民の理解は得られない」と記者団に強調した。

 森山氏は、安住氏から高齢者への接種を優先すべきだという話があったとした上で、国会議員への先行接種について「いろんな考え方がある。私から申し上げるべきではないと思う」と記者団に説明した。