「心の距離埋めたい」日比谷音楽祭、無観客・無料配信で決行

実行委員長・亀田誠治さんに中高生が取材した

©株式会社全国新聞ネット

亀田誠治さん (C)日比谷音楽祭実行委員会

 多彩な音楽を無料で楽しめるイベント「日比谷音楽祭2021」が5月29日と30日の両日、無観客・無料オンライン配信で開催されるのを前に、実行委員長を務める音楽プロデューサー亀田誠治さんが、次世代のための教育プログラムとして中学生・高校生向けに事前取材会を開いた。「マインドディスタンス」「元気魂(げんきだま)」などの“亀田語”も織り交ぜながら、「ウィズコロナ社会」のライブの在り方が示された。(共同通信=小池真一)

 ▽のべ10万人

 日比谷音楽祭は2019年5月、東京都心の日比谷公園を拠点にして第1回が開催された。入場無料、世代やジャンルなどの垣根なしという「フリーでボーダーレス」を基本コンセプトとして掲げた。実施されたライブの数々はポップスをはじめミュージカル、クラシック、伝統邦楽など多彩で、来場者数は延べ10万人を数えた。

中学生・高校生のオンライン取材会で質問に答える亀田誠治さん=5月16日

 翌年の第2回も大物ミュージシャンの出演が予定されたが、コロナ禍でやむなく中止に。仕切り直しの今年は、東京に緊急事態宣言が適用される中、中止ではなく、約30におよぶライブを全てオンライン配信することに決めた。「2021年はどんな形でも開催しようと決めていました。とにかく、みなさんに音楽を届けて、元気になってもらいたい」と亀田さんは説明した。

 昨年のように中止でなく、「どうしてオンライン開催なのですか?」―このことをめぐり、中高生の質問が相次いだ。「フリーでボーダーレスで誰もが参加できるという音楽祭の理念を少しでも実現するため」と答えた亀田さん。「お客さんやステージに立つアーティスト、スタッフのことを考え、オンライン配信であれば、緊急事態宣言下に一番大きな笑顔と幸せをつかむことができるのではないか、と判断しました」

 ▽ワンチーム

 この1年余り、エンターテインメント業界が感染防止の取り組みを積極的に進めてきた。おかげで、信頼できるデータや経験が蓄積され、安心・安全なライブの運営やオンライン配信のノウハウが確立されつつあると、亀田さんは言う。

 「『不要不急』な仕事とみなされたエンターテインメント界ですが、みんなで技術的な部分や、たくさんのお客さんに届けていく仕組みを考えに考え抜いてきました。そうして進化したのだと思います」

 「お客さんの協力も大きかった。感染防止に十分に気を配りながら、アーティストや音楽や文化を応援しようという気持ちでいてくださいました。おかげで、音楽や文化の発し手と受け手の関係がすごく研ぎ澄まされてきたと思います。ワンチームになってつくり上げたんです」

GLAY (C)日比谷音楽祭実行委員会

 今年の日比谷音楽祭は、GLAY、Mr.Childrenの桜井和寿さん、Little Glee Monster、家入レオさん、生田絵梨花さん…といった人気のアーティストが勢ぞろいする。日比谷公園内の野外音楽堂や屋外広場などからライブが生中継される。

 「ライブの代わりにオンライン配信をする、とはどうか考えないでください。最新の映像技術と合体して、コンサートホールでは体感できないような音楽体験、エンターテインメント体験ができます。『オンラインでもこれだけ楽しめるんだ』と感じていただけるはずです」

 ▽音楽で心の距離埋める

 「オンライン開催の利点は何ですか?」と問われた亀田さんは「東京都心の日比谷公園に足を運べない全国の人々に届けることができるのが大きい」と指摘し、「今後も東京以外の地域にも日比谷音楽祭を届けるため、オンライン配信は続けていきたい」と付け加えた。毎年春、日本全国で楽しい音楽時間を無料で共有する音楽祭になっていく、その第一歩としたいという。

桜井和寿さん(左)と生田絵梨花さん (C)日比谷音楽祭実行委員会

 コロナ禍の苦境の中でオンライン開催する「強い心の持ちよう」について聞かれた亀田さんは、「きっとぼくだけでなく、みんな苦しい思いをしているはず」とした上で、「マインドディスタンス」のまん延を心配していると語った。

 「心無い言葉で怒ったり、自粛警察のような乱暴な動きがあったり、不寛容であったり。人間同士の心の距離、マインドディスタンスを広げる雰囲気がウイルスよりも人の心を圧迫し、病ましています。この距離をどうにか埋めたい。人間らしく生きるために重要な音楽、エンターテインメントの出番ではないですか」

 「音楽で人を幸せにしたいと思ってきたんです」と照れながら話した亀田さんは、中高生との取材会をポジティブなメッセージで締めくくった。

Little Glee Monster(上)と家入レオさん (C)日比谷音楽祭実行委員会

 「厳しい状況が続いていますが、みんな前を向いてベストを尽くして、血の通った音楽を一人でも多くの人に届け、心と心をつないでいきたい。『うれし魂(だま)』、楽しい『元気魂』みたいなものが、きっと入っていると思います。楽しみにしてください」

 日比谷音楽祭2021のライブ配信は無料で視聴できる。詳しくはホームページ。https://hibiyamusicfes.jp/2021/

 イベントの紹介動画はこちら。https://www.youtube.com/watch?v=RC-4cp3talI