松本崇志、ライフル五輪代表決定

一度は白紙

©一般社団法人共同通信社

東京五輪代表に決まったライフル射撃男子の松本崇志(日本ライフル射撃協会提供)

 ライフル射撃男子の東京五輪代表決定戦が26日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、ライフル3姿勢とエアライフルで松本崇志が代表に決まった。対戦相手の島田敦が服装検査で失格となったため。日本協会によると、試合で着用する服の硬さが規定値を満たさなかった。

 松本は2019年に一度はライフル3姿勢の代表に決まったが、日本協会が定めた記録会で、五輪延期後の代表継続の条件だった基準点を超えられず、白紙に戻った。再選考会では、岡田直也に敗れて2位となり、エアライフル最終選考会で2位だった島田との対決で同種目の代表を含めて争うことになっていた。