米、中国研究所説否定せず

コロナ起源、証拠提供求める

©一般社団法人共同通信社

バイデン米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は26日、新型コロナウイルスの起源解明に向けた調査について声明を発表し、米情報機関が中国の研究所から漏えいしたとの説を否定していないことを明らかにした。バイデン氏は、各国と連携して「全ての関連データと証拠の提供に応じるよう中国に圧力をかける」と強調した。

 バイデン氏は5月に入って情報機関から新型コロナの起源調査の報告書を受け取った。同氏は声明で、情報機関内に漏えい説を支持する見方と、動物を介した人間への感染説を支持する見方があり、現段階で「決定的な結論には至っていない」と説明した。