車からGPS機器が!大倉忠義の苦言にあった恐怖のやらかし事件

© 株式会社光文社

《最近疑問なのよ。稽古場にわざわざ出向いてくださってるルールを守れないお嬢様方に適応する法律はないのかしら》

《皆んなどう思う? アイドルが平穏に暮らせる世界ってあってもいいと思わないかい?》

5月10日、ジャニーズ事務所の会員制有料サイトのブログで苦言を呈したのは、関ジャニ∞の大倉忠義(36)だ。現在、大倉は6月に上演される舞台の稽古中。その稽古場に集まる一部のファンに悩まされていることを明かしたのだった。

「こうしたファンは通称“やらかし”と呼ばれます。一部の関係者しか知らないスケジュールをどこかで入手したり、わからなければ仲間と手分けして仕事場で待ち構えたりしてタレントの居場所を割り出すなど、行きすぎた追っかけ行動をとる人たちのことです。

彼女たちは、タレントに接触するためなら、タレント本人の気持ちや周囲の迷惑を顧みません。相手が怒っても“嫌がるそぶりもたまらない”“私のことを認識してくれた”などと非常にタチが悪い。タレントの私生活まで追いかけて、いきなり抱きついたり体当たりして接触しようとするなどが日常茶飯事です」(芸能関係者)

大倉は’18年11月にも、“やらかし”の過激な行動についてブログにつづっている。カバンにモノを入れられる。突然手をつながれる。友人との食事の際に横のテーブルに座ってくる。

こう具体例を挙げて《普通の人に戻るほうがよっぽど楽だろう。そろそろ限界だ》と悲痛な胸中を吐露していたのだ。にもかかわらず、いまだに改善されない現状――。

さらに、大倉が再警告を発したのには、昨年の夏に発覚したある“事件”が影響しているという。事務所内でも驚愕したというその事件の詳細を、ある芸能関係者が明かす。

「ジャニーズ事務所のタレントの送迎車にGPSの機器が付けられていることが発覚したのです」

GPSとは、位置情報を知るシステム。スマートフォンに搭載されているGPS機能がよく知られるが、ジャニーズ事務所の車から見つかったのは“車両取付け型GPS”などと呼ばれるものだ。

「離れた場所からでも車の位置をリアルタイムに追跡できるので、探偵が不倫調査で使うこともあると聞きました。見つかったのは磁石で取り付けるタイプで、車体の下に付けられていたので、マネージャーたちも気が付かなかったそうです」(前出・芸能関係者)

発覚の経緯はこうだ。

■点検に出した複数の送迎車からGPS機器が…

「事務所の駐車場に黒いプラスチックの物体が落ちていて、調べたところGPSだと判明したそう。それを受けて、“そういえばタレントが乗っていない状態の車の移動先にもファンがいたことがあって不思議に思っていた”という一部のマネージャーの証言も出てきたそうです。

そこで思い当たる節がある車は、点検に出すことになった。結果、複数の車にGPSが取り付けられているのが見つかったのです。それが関ジャニ∞とHey! Say! JUMPのメンバーの送迎車でした」(前出・芸能関係者)

現時点でも犯人はわかっていないという。

「コインパーキングなどに駐車することもありますから、そういうときに狙われたのかもしれませんね」(前出・芸能関係者)

GPSの悪用といった迷惑行為を繰り返す“やらかし”は、ストーカーさながらだ。

タレントたちは我慢するしかないのだろうか――。事務所関係者によると、限度を超えた“やらかし”に事務所は厳しく対処していく方針だという。

「事務所サイドとしても、一部の度を越えた方々については非常に困惑しています。あまりに悪質なケースに対しては通報することもあります。断固たる措置を取らざるをえないのが現状です」

今月18日には、改正ストーカー規制法が衆議院本会議で可決、成立した。

「改正法では、相手の車などに無断でGPS機器を取り付ける行為や、スマートフォンのアプリを通じて位置情報を取得する行為も規制の対象になりました。こうした行為を繰り返せば、逮捕などの摘発の対象となります。改正法は今年8月にも全面的に施行される見通しです」(全国紙社会部記者)

度重なる迷惑行為に耐えてきた大倉らジャニーズタレントたち。法改正によって、心置きなく活動できるよう、事態が改善されることを祈るばかりだ――。