セキュアヴェイルと両備システムズ提携、セキュリティ運用サービス「NetStare」の販売強化

©株式会社イード

株式会社セキュアヴェイルは5月25日、公共、民間向けに幅広く情報処理サービスを提供する株式会社両備システムズと提携し、ネットワーク・システム全体のセキュリティを総合的にサポートするセキュリティ運用サービス「Netstare」の販売を強化すると発表した。

かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

セキュアヴェイル社の「Netstare」は、24時間365日体制で顧客のネットワークインフラを監視し、機器故障、通信障害、サイバー攻撃などをいち早く発見する統合セキュリティ運用サービス。SOC(Security Operation Center)とNOC(Network Operation Center)を融合させたプロフェッショナルサービスで、ログ分析レポートの作成やセキュリティポリシーの改善提案、ネットワークの脆弱性診断など、顧客のITセキュリティを総合的に支援する。

両備システムズ社では「NetStare」をサービスラインアップに組み込み、顧客が運用するファイアウォール等のセキュリティ機器を24時間365日運用・監視し、不正アクセスや外部からの攻撃、障害が発生した際に、迅速に連絡するとともに、対応や障害復旧を行うサービスを提供する。同サービスで、企業のセキュアなICT環境の維持管理に係るコストの低減が可能となる。

Salesforce の設定不備の問題はなぜ起きたのか? ~ SHIFT SECURITY が 3 つの無償サービスを続ける理由

「インターネットトラブル事例集(2020年版)追補版」を公表(総務省)