「執拗な強制に対して拒絶の意思を表明する」…レアル、バルサ、ユベントスがUEFAに対し共同声明発表

©株式会社東京スポーツ新聞社

欧州スーパーリーグを巡る論争はドロ沼化するのか(ロイター)

欧州スーパーリーグ(ESL)計画を断念していないレアル・マドリード、バルセロナ(ともにスペイン)、ユベントスは、欧州サッカー連盟(UEFA)による懲戒処分開始を受け、共同で反論声明を発表した。

UEFAは、ESLが規則違反だとして最長2シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場停止などの処分をチラつかせて3クラブにESL計画撤回を求めているが、今回の声明で「サッカーの歴史の中で最も偉大な3つのクラブに対する執拗な強制に対して拒絶の意思を表明します。この態度は司法手続きが進められる間、ESL創設クラブへのあらゆる行動を控えるようUEFAへ警告している裁判所の決定に対する重大な違反です」と宣言した。

その上で「ESLは最初の段階から欧州サッカーの改善を目的として推進されており、UEFAとの恒久的な対話を行い、このスポーツへの関心を高めることでファンに最高のショーを提供することを目的としています。しかしながらUEFAは開かれた対話でサッカーを近代化する方法を探す代わりに、欧州サッカーの独占に疑問を呈する裁判手続きを取り下げることを期待しています」とUEFAの態度を批判した。

あくまで3クラブは対話の中から欧州サッカーをより良くしていく意向だが、UEFAは頭ごなしの撤回を求めて話し合いに応じようとしていないのが現状。それでも「100年以上の歴史を持つ3つのクラブはいかなる種類の強制や耐えがたい圧力にも屈することなく、サッカーの世界が現在求めている緊急性のある解決策について、対話と敬意から議論するという確固たる意志を示し続けます」と主張した。

最後に「我々がサッカーを近代化するか、(欧州サッカーの)破滅を目の当たりにするかのどちらかです」と見通しを示した。