錦織、大坂の会見拒否に理解

全仏オープンへ調子は上向き

©一般社団法人共同通信社

 男子テニスの錦織圭(日清食品)が28日、四大大会の全仏オープン(30日開幕)に向けて開催地パリで記者会見し、大坂なおみ(日清食品)が今大会で取材対応しない意向を示したことについて「理解はできるが、大会のプロモーションの一環として選手がやらなければいけないことの一つだと思う」と述べた。

 大坂は心の健康の重要性を理由に会見拒否を表明。錦織は「彼女が本当に(心を)病んでいて、罰金を払ってでも(拒否)しなければいけないことだと判断したのなら尊重すべき」と語った。

 自身の調子については昨年9~10月に行われた前回大会よりもかなり上向いているという。