千葉県浦安市 ワクチン集団接種に加えて個別接種も開始へ

©千葉テレビ放送株式会社

千葉県浦安市 ワクチン集団接種に加えて個別接種も開始へ

 千葉県浦安市は、新型コロナウイルスのワクチン接種で、7月末までに高齢者の接種を完了できるよう、集団接種に加えて市内の医療機関での個別接種を始めることにしました。

 これは28日、市が定例会見で発表したもので、6月15日から65歳以上の高齢者を対象に、市内33の医療機関で個別接種を開始します。

 高齢者の接種を7月末に完了できるよう、接種回数を増加するもので、市は、現在行っている市内4つの会場での集団接種でも、1会場あたりの接種人数を増やすなど体制を強化していくとしています。

 市によりますと、直近1週間のワクチン接種回数は2160回ですが、これを4000回以上に増加させたいということです。

浦安市 内田悦嗣市長
「ワクチンの供給見込みやこれまでの接種実績などを踏まえて、6月から1会場あたりの接種人数を増やすなど高齢者の優先接種を7月末までに完了できるようこれからも体制強化を進めていく」