「新九頭竜橋」橋桁、5月29日連結 22年度に県道供用予定、北陸新幹線と橋脚共有

© 株式会社福井新聞社

北陸新幹線橋の両脇で整備が進む新九頭竜橋(仮称)=5月26日、福井県福井市上野本町から(日本空撮・小型無人機ドローンで撮影)

 福井県福井市の九頭竜川に架かる県道の新九頭竜橋(仮称)の橋桁が5月29日につながる。新幹線と道路が橋脚を共有する全国初の構造が特徴で、北陸新幹線は開業が2024年春に1年延期となったが、県道は22年度に供用開始される予定。開通後は同市北東部の交通渋滞解消につながることが期待される。

 新九頭竜橋は九頭竜川右岸の上野本町と左岸の中藤新保町を結ぶ。片側2車線の4車線道路で、幅は上流側、下流側ともに車道8メートル、歩道3メートルの計11メートル。橋の延長は上流側が416メートル、下流側は若干短い414メートル。道路橋の間に新幹線橋が通る構造になっている。

 北陸新幹線の橋りょうと一体となっている橋脚、橋台部分は15年10月に着工。県道の橋桁は18年10月に着工し、橋脚を起点に「やじろべえ」の手の先を延ばしていくようにコンクリートを打ち足していく「張り出し架設工法」で工事が進められてきた。29日に上流側の橋のほぼ中央部にコンクリートを打設し作業が完了する。

 今後は路面舗装や照明設備、高欄(柵)を設置する作業を進める。橋を含む県道福井森田丸岡線の約1.5キロ(福井市寺前町―上野本町)区間は22年度内の開通を目指している。

 九頭竜川をまたぐ南北の橋の周辺は渋滞が多く、新たな橋の完成で交通量の分散が見込まれる。福井土木事務所道路第一課の伊戸康清課長は「04年度の事業化から長い年月をかけてようやく開通が見えてきた。用地提供などで協力いただいた地元の皆さんに感謝したい。一日も早く完成できるようしっかりと工程管理していきたい」としている。

 橋桁の完成を祝う「閉合式」は29日、上野本町の現地で開かれる。両岸にある中藤小、森田小児童による記念パネル制作やドローンでの記念撮影が行われる。

この記事はいかがでしたか?