「お客さまの話を否定せず、気持ちを酌んで」 auショップ従業員 特殊詐欺被害防ぐ

© 株式会社長崎新聞社

特殊詐欺被害を未然に防いだ永井さん=時津署

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして、長崎県の時津署は26日、長崎市畝刈町のauショップあぜかり従業員、永井日菜子さん(24)=西彼時津町子々川郷=に署長感謝状を贈呈した。
 同署や永井さんによると、3月31日に来店した50代の女性が「高額当選のメッセージが届いた」と話し、相手に送る3千円分のウェブマネーがチャージされているかどうか確認を求めた。
 永井さんはすぐに詐欺を疑った。だが女性は「そんなはずはない」とだまされている自覚がない様子だったため、話を聞いて説得し警察への相談を促した。女性は送金を思いとどまり、近くの交番に相談したという。
 同署で黒岩茂久署長から感謝状を受け取った永井さんは取材に「未然に防ぐことができて良かった。お客さまの話を最初から否定せず、気持ちを酌んで一緒に考えていきたい」と話した。
 同署管内で1月からこれまでに確認された特殊詐欺被害は2件、計約1550万円。