旅鳥「ハシブトアジサシ」飛来 国内でまれ、五島・富江町で撮影

© 株式会社長崎新聞社

干潟の上を飛び回るハシブトアジサシ=五島市内(吉田竜成さん提供)

 長崎県五島市の会社員、吉田竜成さん(33)が同市富江町の干潟で、国内でまれにしか見られない旅鳥「ハシブトアジサシ」の撮影に成功した。
 カモメ科で体長約38センチ。中国北東部などで繁殖し、東南アジアなどで越冬する。くちばしが太く、尾羽が短い。干潟の上を飛び回り、カニを捕食する。同市の鐙瀬(あぶんぜ)ビジターセンターによると、県内で確認されるのは珍しく、市内では初めてとみられるという。
 4月末に撮影した吉田さんは「飛ぶ姿が美しい。頭以外が白いので、干潟との対照でシルエットもきれい」と話した。