ボート出火、乗員2人不明

男性1人の遺体発見、愛知

© 一般社団法人共同通信社

愛知県の衣浦港の沖合で出火したプレジャーボート=29日夜(衣浦海上保安署提供)

 29日午後8時35分ごろ、愛知県の衣浦港の沖合で、プレジャーボート乗員の男性から知人に、船の底から火が出たので海に飛び込むと電話があった。衣浦海上保安署によると、ボートは同11時50分ごろ沈没。乗員2人が行方不明となり、巡視艇などが捜索していたところ、30日午前11時20分ごろ、男性1人の遺体を発見した。

 同海上保安署によると、遺体の男性は所持していた運転免許証から、知人に連絡した愛知県知多市の伏原賢三さん(74)とみられる。船長の村松孟さん(84)=奈良市=の行方はまだ分かっておらず、捜索を続ける。

 沈没したのは愛知県南知多町沖約1キロ。

愛知県の衣浦港の沖合で出火したプレジャーボート(左)の消火活動をする四日市海上保安部の巡視艇=29日夜(衣浦海上保安署提供)