鹿児島トヨタ、トヨタ・ハイエースベースのキャンピングカー開発へ

©株式会社自動車新聞社

鹿児島トヨタ自動車株式会社(以下、鹿児島トヨタ)は5月25日、株式会社Kアクセス(以下、キャンパー鹿児島)と業務提携し、移動の新しい価値を提供する多目的モビリティを企画開発すると発表した。

移動が制限されている中でも、パーソナルな居住空間を確保して快適に移動を楽しめるキャンピングカーが脚光を浴びている。マイクロツーリズムの手段として、リモートオフィスとして、また災害時の避難場所やメディカルカーとしての需要も高まってきている。今回の業務提携の目的は、ユーザーのライフスタイルの変化に適応したモビリティを提供することだ。

提供するキャンピングカーは、「KT CRUISER」というブランドで鹿児島トヨタオリジナルとして、トヨタ・ハイエースをベースに開発する。コンセプトは「クルマでツーリズム」「空間を多目的に」「快適にトランスフォーメーション」の3つだ。ローカルモビリティで鹿児島を元気にする活動の一環で、地域の人々の生活を豊かにし、社会課題を解決するモビリティとして2021年7月に発表・発売開始を予定している。

なお、鹿児島トヨタは、キャンパー鹿児島をパートナーとして付加価値の高い機能性に優れたモビリティの提供を目指すと述べている。開発の経緯は随時ホームページ、SNSを通じて情報発信するという。